アメリカの医師給料

アメリカの医師給料

日本の医師給料と比較して遥かに高い給与水準であるのがアメリカの医師給料です。日本では医師とひとくくりにされることが多いですが、アメリカでは専門診療科目によって、社会的地位や収入に差があります。日本でも、外科手術のエキスパートや心臓外科など高度専門医療のエキスパート医師にはそれなりの収入が約束されていますが、アメリカはそれ以上という事です。

日本の勤務医の平均年収は1,200万円程、開業医では2,000?3,000万円程になります。アメリカは日本のように勤務医と開業医の収入に差がありません。差があるのは、診療科目によってになります。内科系の科目よりも、外科系科目のほうが高収入になるというのは、日本もアメリカも同様です。日本の内科医にあたる家庭医で、日本の医師平均年収以上1,300?1,500万円程と言われています。外科ともなると、30万ドルは下らず、となると日本円にして2,300?2,500万円以上稼ぐという計算になります。アメリかでは外科の勤務医が、日本の開業医並みということになります。心臓外科ともなれば、4,000万円という方もいるそうです。内科であっても、消化器内科や循環器内科の医師は高給で、日本の開業医並みのようです。高度医療で需要の高い診療科目は、高い給料になるということですね。また高度医療というだけでなく、家庭医師よりも心臓内科医師のほうがハードな職務になることは当然です。

日米共に勤務がハードな医師ですが、仕事を終えるとさっさと帰宅し、家族とのゆったりとした一時を楽しみたいというのがアメリカ人医師の傾向です。四六時中激務をこなす日本人医師のようなことはないそうです。勤務医の方が経営の心配もなく、勤務医であっても高給で、時間で働けて家族との時間を持てることから、アメリカでは勤務医を好む方が多いそうです。また日本では通常の医師の半分の給料である歯科医師は、アメリカではなんと年収2,000万円クラスだと言うのです。産婦人科医の数も多く、収入もこちらも2,000万円以上、外科医と方を並べる程です。

各国の医療事情を比較すると、日本は最先端の医療水準になるとは思います。しかし給与水準では非常に低い所にあるのではないでしょうか。こうした現状をふまえて、アメリかで医師としてチェレンジしてみたいという方や、日本の医師給与水準をなんとかしなくてはと思った方がいらっしゃるのではないでしょうか。思う事は実現への第一歩です。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.