大学病院の医師給料

大学病院の医師給料

大学病院に勤務する医師の給料は、民間病院に勤務する医師の給与に比べて低い傾向にあります。勤務医の平均年収は1,200万円前後が相場になります。民間病院に勤務する医師の月収はおよそ100万円。それに対して大学病院の医局に勤務する医師の月収は60?70万円程度に留まっています。年収にすると、民間病院が年収約1,200万円なのに対して、大学病院の医師の年収は700?800万円程ということになります。大学病院はその名の通り、大学機関に併設されてる病院です。勤務する医師は、医師であるとともに各専門分野の研究者すなわち学者でもあります。大学での講義、研究、そして臨床の実務経験の場でもある大学病院での診療業務ということになります。

こうみると民間病院での純粋な医師の業務と比べて、研究や授業等が増える分給与が高いように思えますが、現実はその反対です。昔から大学病院の医師は、社会的地位も高く尊厳のある存在です。その地位や印象と実際の給与は伴わないものなのですね。名誉をお金でという考え方も日本人の美徳からすると下世話ですから、質素なそれなりの給与としてとらえると納得できる部分もありますが。しかし過酷な業務を考えるとかなり低い給与相場でしょう。大学病院でも国立より私立大学病院の方が給与が高い傾向にあります。そして外科手術など高度な技術を伴う診療科は高い給与の傾向にあるそうです。また古くからの慣習で、大学病院の教授が高度な手術を行なうと、患者様から謝礼を受け取るということがあるようです。しかも謝礼なので申告なしに懐に入るそうな。どこか人気大学病院を舞台とした小説のワンシーンのようですね。とにかく大学病院とひとくくりに出来ない給与事情がある事は事実でしょう。

一般論からすると、大学病院の医師となるには、まず研修医となります。研修医は年収400?600万円になります。これも大学によって格差があります。しかしこれだけの収入がある現在はかなり改善された状況なのです。以前は研修医は医師ではないので給与支給がない又は月収10万円程度という時代があったのです。2004年に国から労働と久野に関する勧告が入り、研修医には月収30万円、年収にして360万円以上支給されるようになりました。研修医かられっきとした大学病院の医師として医局に入ると年収600?700万円程度になり、准教授で年収800万円?、教授になって医師の平均年収1,000円以上となるそうです。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.