独立行政法人の医師給料

独立行政法人の医師給料

日本には、独立行政法人として運営が行われている病院がいくつかあります。独立行政法人とは、公益法人などの法人のうち、法律に則って設立された法人のことを指します。その存在意義は、国民生活および社会生活の安定を向上させることです。もともとは国の行政機関のひとつであり、効率化を図る為に独立した法人として運営されている組織です。ただ、独立しているといっても、実際は中期計画書の策定や業務などには官庁のチェックが入ります。現在、統計センターや造幣局など計8法人がありますが、そのひとつとして国立病院機構があります。独立行政法人で働く医師とは、国立病院機構が運営する病院で働く医師のことを指します。

では、国立病院機構とはどのような法人であるかというと、厚生労働省が管轄しており、医療機関などを運営する統括組織です。医療の提供や、医療に関わる調査研究、技術者の研修や育成などを目的としています。2004年に、もともと厚生労働省の直轄機関であった旧国立病院や診療所などを引き継ぐような形で発足しました。独立行政法人国立病院機構の運営する病院は、全国で144の医療施設があります。その他、看護学校や助産学校などの付属施設も運営しており、職員数は50,000人程度です。本部は東京都にあり、全国を6ブロックに分け、各ブロックに本部ブロック事務所が設置されています。現在、同法人によって運営されている病院の多くは、戦前に設立された軍事用の病院が前進になっていることから、非常に長い歴史のある病院であると言えます。

独立行政法人で働いている人は、国家公務員の扱いとなります。独立行政法人の医師給料は、現在は国立病院機構の規定に基づいて決定されています。経験やポストによって年収は大きく異なり、一般的な医師は1400万円、医長以上になると年俸制になり年収は1600万円、部長は1800万円、副院長で1850万円、院長で1900万円となっています。

独立行政法人が運営する病院で働きたいと思っているのであれば、国立病院機構が運営しているかどうかを確認する必要がありますが、激務である医師の多くは、そのようなことに時間を割く余裕が無い方も多いでしょう。転職エージェントを利用すれば、あなたの希望に合った病院を紹介してくれるので、無駄な時間を割く必要が無くなり効率的な転職活動が実現します。エージェントのみが知りうる非公開求人もあるので、登録して損はないでしょう。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.