副院長職の医師給料

副院長職の医師給料

病院やクリニックにおいて、院長に次いで高いポストは副院長です。院長の仕事は病院の責任者として経営に携わるのでイメージしやすいですが、副院長とは実際にどのような仕事をするのでしょうか。また、年収はどれくらいが平均なのでしょうか。

副院長とは、院長に次いで高い役職のことで、企業の組織形態で考えると、社長が院長で、専務や常務などが副院長に該当します。病院の規模によっては、複数名設置している所もありますが、一方で、副院長を置いていない小さなクリニックなどもあります。共通しているのは、病院の運営をサポートすることです。具体的には、医師会との連携を図ったり、従業員が働きやすい環境を作ったり、システムを改善したりなど様々です。大きな病院などでは複数人いる場合がありますが、その場合、副院長によって担当する分野が異なっています。教育担当や経営担当、システム担当など、自分が関わる分野を分担して効率化を図っています。

副院長職の医師給料は病院の規模によって異なります。平均年収は1,760万円で、最低年収は1,000万円程度、最高年収は4,100万円程度であると言われています。病院の規模別に見ると、病床が400床以上の場合は1,650万円、200〜399床の病院では1,710万円、100〜199床では1,700万円、100床未満だと2,300万円と、病院の規模が小さくなればなるほど、年収が高くなっていることが特徴です。副院長として働いている人の平均年齢は56歳、平均勤続円数は20年であると言われています。

副院長として働く中で年収アップを目指すのであれば、今の病院で院長を目指すことでしょう。ただし、院長の年齢や他の副院長のことを考えると、そう簡単になれるものではありません。もう一つの方法としては、転職することです。現状として、副院長など高いポストでの求人情報はあります。転職をして年収がアップするケースはあるので有効です。副院長も院長と同様に仕事量が多く、忙しい人はたくさんいらっしゃいます。自分一人で転職活動を行うよりも、プロにサポートしてもらった方が効率的に動くことが出来ます。転職エージェントに登録すれば、医療業界に精通したキャリアコンサルタントが付きます。コンサルタントは、あなたの希望をヒアリングした後、条件に合った病院の求人情報を教えてくれます。面倒な情報収集も行ってくれるのでおすすめです。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.