福岡の医師給料

福岡の医師給料

福岡は医師数が多く、人口あたりの医師数は全国トップレベルにあって医療体制の整っている地域のひとつです。産業医科大学から九州大学など4大学が医学部を持っており、医療環境の充実した地域で、大学病院以外にも大規模な急性期病院が数多くあり、市内の医師は充足していますが、一方で転職サイクルが早い地域であるため、流動的という面が常にあります。そのため、福岡では医師の平均年収は全国平均を下回りますが、病院間の収入の差が大きく、また医療分野においても格差のある地域となっています。収入では国立病院では平均年収は全国平均を上回るレベルです。

平成25年の統計によると、福岡の医師の平均年収は1000万円を超えますが、わずかに全国の平均を下回っています。福岡の医学部のある大学を卒業後、他地域に行くことなく県内・市内の医療機関で勤務する学生が多いために、全国平均以下になっていると考えられます。福岡市内の外科では、病床数366床の中規模病院で外来病棟勤務で1500万円という求人が2014年にありました。中規模病院が多いというのが福岡の特徴ですが、都市部以外の地域では極端に医療機関が少ないという格差のあることが問題となっています。都市部以外の生活環境があまり良いとはいえない状況であるため、医師の確保が難しい状態です。

福岡では医師は充足傾向ですが、精神科や産科医が不足傾向にあり、この方面のスペシャリストには高待遇が期待できます。福岡は診療科による偏在が大きいと言われており、産科・婦人科医の不足が顕著で、全国平均をはるかに下回るレベルであり、女性人口あたりの医師数も全国平均を下回っています。元々女性医師が少なく、産科・婦人科には女性医師が多いことから結婚や出産で現場を離れてその後の復職が少ないことが原因と見られています。医師会では復職と育児との両立の支援を行っており、産科だけでなく女性医師のサポートに取り組んでいます。そのため、女性医師の給与・待遇は恵まれている面があります。

福岡は大学病院のほか、歴史ある有名私立病院が多く、オーナー経営の中規模・大規模病院が数多くあり、病院間の競争も激しく、専門医のヘッドハンティングも多いと言われています。専門性が高くスキルの高い医師にとっては、就職しやすく待遇面でも期待でき、また勉強する機会も多い地域と言えるでしょう。また、大事をとって病院に行くという気持ちの強い住民が多い地域で、潤沢な病床数を背景にして医療が循環しているという特徴があります。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.