広島の医師給料

広島の医師給料

広島は産業・観光の中心地であるだけに、医療面でも病院数や医師数ともに中国地方では最多となっています。とはいえ、人口10万人あたりの医師数は中国地方の他県のなかで唯一全国平均を下回っています。厚生労働省の調査によると、県全体で平成24年の人口10万人あたりの医師数は155.9人であり、隣県の岡山県に比較して40人以上も少ないという状況です。広島市内に医師が集中する傾向があり、市内を含む広島広域圏で県全体の半分を占めています。県としては、このような一極集中を問題視しており、県北部山間部やへき地の病院・医師の不足は深刻としています。

広島大学には、医学部医学科だけでなく保健学科、歯学部歯学科などの医療教育機関が充実しており、人材の確保はたやすいことや、また大学医局の勢力が強い地域であるため、広島市内を中心とした広島広域圏では医師数は比較的充実していると言われています。大学病院では専門医育成プログラムが用意されており、最先端の医療技術を習得できるなど、綿密なカリキュラムが組まれています。大学病院連携型高度医療養成事業は若手を確実に育成しています。比較的医師が足りているという認識が広がっています。他県では比較的好条件と言われている麻酔科でも、年収は2016年現在900万円程度で、あまり高い部類ではありません。外来オペを行う眼科でも年収800万円から1000万程度になっており、全国平均的な年収となっています。スキルの高いスペシャリストには、高収入が期待できる地域で、特に産科医と小児科医が不足しているため、この方面では収入・待遇面では有利でしょう。また、広島は高齢化が他地域に比較して進んでいるエリアでもあるため、リハビリテーション科や整形外科は平均を上回る年収が期待できます。

広島は行政主体で医療体制整備事業を展開中で、予防・急性期医療体制の分野で大学病院や総合病院など各施設が連携するシステムを構築しています。小児の三次救急体制も整備する予定で、小児科医へのニーズは高いと言えるでしょう。また、急性期医療後のリバビリテーションでの専門スタッフの整備を進めたいという考えがあり、この分野でのスペシャリストには高待遇で迎えることが期待できます。広島市内では医療機関の連携が強く、軽症の患者は開業医が一次対応を行って、重症なら総合病院という体制が整っている地域です。そのため、当直医の負担が少ない地域のひとつです。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.