開業医の医師給料

開業医の医師給料

日本の医療事情では、医師の給料は勤務医よりも開業医の方が高い傾向になります。医師が自身で開業するという事は、院長になるという事であり経営者になるという事でもあります。勤務医の平均年収が約1,200万円であるのに対し、開業医の平均年収は約2,500万円程といわれています。病院というひとつの事業を経営するいわば社長のようなものですから、このような年収になるのは当然のことといえるでしょう。しかし開業医の中でも診療科目や経営規模・経営状態によって年収に格差が生じてくることも確かです。

小児科医院などは、少子化という日本の現状が反映されて子供患者の減少などから経営難になっている病院が目立ちはじめています。そうした病院では、内科、婦人科や高齢者医療に移行する病院もあります。経営状態が悪い、もしくは規模が縮小という事になれば当然収入も少なくなってきます。婦人科でも、産婦人科ではなく不妊治療専門の病院では、不妊治療をする為に費用を惜しまない患者が集まります。その結果、経営状態が良好で高額収入になります。美容整形外科のエキスパートも同様で、その人気と技術料の高さから高額所得者に名前を連ねている医師もいます。資本主義国家、日本では、民間病院経営は、市場ニーズの原理に即して差がうまれているのです。

同じ開業医でも歯科医師はどうでしょう。近年歯科医院が多くあるという印象ではないでしょうか。歯科医師は、勤務する大規模病院や大学病院が少ないので、歯科医師免許を取るとすぐにもしくは数年で独立開業の道をたどることになります。従来型の歯科医院ですと、競争に飲み込まれて、苦しい経営を強いられることになります。その場合は、開業医の年収はおろか、勤務医の年収よりも低い値ということも考えられます。しかし、資本主義日本です。市場ニーズにいち早く応えて、新しいサービスや顧客満足度のアップを図る事で、成功している歯科医院がある事も事実です。子供への予防歯科。矯正歯科、口腔外科手術。インプラントやホワイトニングと言った美容に近い診療分野。従来型の歯科医院とは一線を画しているところは、良好な経営をおこなっています。

開業医になれば高額収入になるという神話は崩れつつあるのではないでしょうか。高収入を得ている開業医の方々は、それを裏打ちする独自の工夫・努力をしています。勤務医のように安定した給与が約束されていない代わりに実力次第で高額収入を得られるのが開業医です。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.