盛岡の医師給料

盛岡の医師給料

盛岡の医師数は総務省の統計によると全国シェアの1%未満に過ぎませんが、岩手県全体に対するシェアは50%に近い数字となっており、一極集中化が進んでいると言えるでしょう。一方で、医師の増加率は100%を割っており、年々下落傾向にあります。岩手県は全国でも医師の年収の低い部類に入っており、東北地方では最低ランクに入っています。かといって超過実務時間が少ないというわけでもなく、むしろ岩手県は超過実務時間が日本で最も長いレベルになっており、早い改善が望まれています。市民からも市立病院に小児科がないことや、地域のかかりつけ医となる診療科がないことなどを不満とする声が上がっていることが市民アンケートからうかがええます。

岩手県の中心となる盛岡市内は病院施設が充実しており、国道4号線や東北新幹線沿いに総合病院などの施設が集中しています。岩手県内の9つの医療エリアのうちで、盛岡市は医師充足率は100%を超えており、他地域に比較しても大きな差があります。岩手県側はこの状況を打開したいと考えており、東北縦貫道につらなる複数の横断道路や三陸貫道路の高速化などを図って交通網を整備し、研修や沿革医療などを光ファイバーなどを通して県内の医師偏在地やへき地医療への対策を提示しています。そのため盛岡市内病院では、一般診療で広く診たいという医師だけでなく、専門に特化した医師のニーズも高いものがあります。一般診療では盛岡市内のどのエリアでも急性期から慢性期に至るまで様々な種類でも募集があります。一方で専門科医の募集は基幹病院に限られます。

盛岡市では、小児科医と産婦人科医の不足が深刻といわれており、それをサポートするための小児科医療の医師研修制度を行っており、小児以外の医師の転科を奨励する動きがあります。そのため、小児科や産婦人科などを希望する外科医は高待遇が期待できます。市内の総合病院では、心臓血管外科や肝細胞がん専門医が不足しているほか、急性期高機能センター施設でも先進・高度・特殊医療分野での医師が不足しています。地域がん診療連携拠点病院での高度外科手術を行える医師も不足しています。地域医療を志す医師にとっては、基幹病院でも勤務は収入のアップが望める都市です。盛岡市は岩手医科大学付属病院の関連のある病院が多く、医局からの医師が不足している現状があります。専門医も総合外科医もニーズが高めです。震災の被災地に近いことから、そうした精神面のサポートができる医師が求められています。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.