沖縄の医師給料

沖縄の医師給料

沖縄の医療機関は、人口10万人あたりの割合で見ると件数はやや少ないという傾向がありますが、総合的には全国平均とほぼ同じ割合で存在しており、一般的なイメージとは多少の違いが見られます。ただ、医師の数は不足気味で、勤務時間や年収などは都市部に比較してやや不利な傾向があります。平成26年の調査によると、全国平均年収が1154万円であるのに対し、沖縄県は1143万円となっており、やや不足気味な傾向がありますが、生活費など物価が基本的に安いために、暮らしに関しては充分とも言えます。労働時間は全国平均をやや上回る程度で、沖縄ならではの部分と言えばたとえば離島の医師不足で、それ以外は本土とあまり変わらないと言えます。

沖縄県は長寿県というイメージがありますが、実際には女性が平均寿命を押し上げている面があり、男性の平均寿命は全国25位とさほど振るっていません。また、肥満の割合も多く、男女ともに全国平均以下という調査があります。このため、健康おきなわ21というプロジェクトが発足しており、メタボリックシンドロームの該当者を平成29年まで25%削減するという数値目標を掲げています。生活習慣病を診る外来医にとっては高待遇を受けられる可能性があると言えるでしょう。

沖縄は医学部のある大学は琉球大学のみで、県内で働く医師のほとんどは琉球大学出身です。沖縄は知り合いのネットワークを重視する県民性があり、医師の就職に関しても、人のつてを頼るという傾向が強くあります。そのため他県からの就職者が極端に少ないという特徴があります。中核病院や回復期の病院では、県外の医師を募集することもあります。また、近年では精神科の需要が高まっており、精神科の医師は給与・待遇面で期待が持てると言えるでしょう。給与水準は決して高いとは言えませんが、専門性の高い医師は不足しており、スキルのある医師は常に求められています。

沖縄は本島だけでなく、離島診療の充実を求める声が強く、こうした需要が高いものがあります。人口10万人あたりの医師数は241.1人で、全国平均レベルですが、本島・沖縄市内に集中しており、離島での診療医が圧倒的に不足しており、へき地医療の需要が非常に高いです。離島診療を行っている医師は、全国平均よりも給与が高い傾向があり、ほぼ500万円ほど年収が高く出ています。生活水準や環境を考慮して、へき地医療への関心の強い医師にとっては給与でも期待できるため、今後の就職先として考えてもいいでしょう。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.