離島の医師給料

離島の医師給料

日本本土から海をはさんだ離島での医療は、島民にとって命綱ともいうべき存在となっていることと思います。そんな離島島民の健康で豊かな生活を医療で支えるべく、高い志を持って従事している離島医師の方、またそんな離島医師を目指している方がいらっしゃると思います。離島で医師として働くという事は、人材や設備の整った都会の病院で働く事に相反して、充分でない医療設備と、もしかしたら一人という非常に総数精鋭の医療人員の中で日々医療活動を行わなければなりません。当然、離島医療を志す医師、離島医療を継続できる医師というのは限られた人数になってきます。しかし、離島が島民がいる以上、医療がなくてはなりません。そうした人材確保の問題から、離島医師の給与相場は高い傾向にあるでしょう。

少ない島民の医療ケアを充実させる為に、県などの各地方自治体は対策を練っています。長崎県では、長崎県離島・へき地医療センターというものを設置して、県全体で離島医療の充実をはかろうとしています。離島に暮らす住民の事、離島に従事する医師の事、両面から考えて、充実した医療を継続・発展できるように日々活動しています。例えば、離島医師は県職員として派遣され、勤務条件も県職員同様保証する事により、定期的な休日等をとりながら健全に離島医療に従事できるようにしています。離島医師の休日時は、後退医師を県本土から派遣することでカバーするというのです。また急病の場合、本土と連携を取り、ヘリなどの緊急搬送を行なう等の対策も立てられています。気になる給与ですが、採用される医師の経験年数によってかわりますが、10年程のキャリア医師で年収1,600万円程だそうです。確かに、勤務医の平均1,200よりも3?4割高い給与ですね。

高い給与を提示して継続することが困難な離島医師を確保しようという話は良く聞きます。しかし継続勤務し、その島の暮らしに入り、島民とふれあいながら医師本人も島民の一員となって医療活動をしない事には、なかなか離島医療を充実する事が出来ないと言う事があります。ですから「継続」が離島医療のひとつのキーワードになってくるでしょう。長崎県の他に、鹿児島県、沖縄県、その他離島を持つ都道府県では、離島医療の体制に付いてどう対策をとるのかという事が課題となっていますし、各県共に対応しています。離島医師は高給なだけでなく、地域への土着性や本土との連携、仕事の幅広さ等を求められます。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.