老健施設長の医師給料

老健施設長の医師給料

老健施設とは、介護老人保健施設の略で、グループホームやケアハウス、特別養護老人ホームや有料老人ホームなど、様々な分野に分けることが出来る施設です。施設によって対象者や制度などが異なります。利用している高齢者は、医師による医学的な管理のもとで、介護や看護、リバビリや栄養管理、食事や入浴などのサービスを受けます。老健施設で働く医師とは、具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

老健施設では、要介護状態になっている人が在宅での生活に戻る為に、医学的な見地からリハビリなど様々なサービスを提供しています。利用者一人一人の健康状態に合わせて目標を設定し、どのような方法でその目標を達成するかを考えます。利用する人の条件としては、介護保険法により、要介護認定を受けていることや病状が安定している人、入院する必要の無い人で要介護度が1から5の方、または、リハビリが必要な方であることです。看護師や理学療法士などと一緒になって進めていきますが、医師の役割は利用者への診断や治療、様態を把握し、他のスタッフに働きかけることです。つまり、施設の長であり、どのような方法で進めていくかを決めるコーディネータ的な役割を果たします。

老健施設長の医師給料は、平均として1,200万円程度の求人が多くなっています。エリアや組織によっては1,500万円から1,700万円程度の所もありますし、中には1,000万円ほどの年収の所もあります。高齢化が促進している現代では、施設のニーズも年々高まっており、求人や採用も増えてきている状況です。その為、求人情報を見てみると、求人数が多くなっています。

老健施設長で働く為には、転職する必要があります。応募資格は医師免許を有している人が対象です。ただし、医師免許があるからといって誰でも働けるわけではありません。医師としての仕事とともに施設全体の長になるので、経営の知識も求められます。その為、新卒でなることは難しく、中堅などある程度経験を持っている人であることが求められています。転職活動を行う際は、転職サイトをチェックしましょう。中にはスカウト機能があるサイトもあるので、自分の経歴を載せて反応を待つことができます。それと同時に転職エージェントに登録しておくこともポイントです。働きたい施設の条件などを伝えておくと、それに添った施設をキャリアコンサルタントが紹介してくれます。面倒な手続きも請け負ってくれるので、効率的に転職活動に励むことが出来ます。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.