医師の給料で安いのはいくらから?

医師の給料で安いのはいくらから?

高額収入な職業ナンバー1といえる医師。その年収は勤務医の平均額でも1,000万円を下りません。しかしそれは平均値、医師の中でも安い給料の勤務医の方から、高い給与の勤務医や開業医の方など様々です。医師の給与事情についての状況や傾向について事前に把握する事は、就職や転職活動の際にプラスになるのではないでしょうか。人の命を助けるのが医師の仕事ですから、それなりの評価が高額収入に繋がるのは当然の事と言えるでしょう。とはいえ医師にも新人時代、研修医時代などのスタートがあります。医師としてスタートする時にはどのくらいの給与になるのでしょうか。

医師になる際、大学の医学部を卒業後、大学病院の医局の研修医となる場合があります。経験を積んだベテラン医師、医学部の先生方の中で、臨床経験や専門とする医療分野の研究を進めてゆきます。こうした研修医の場合、年収にして400万円代後半?600万円代前半といわれています。過去には、研修医は正規の医師でなくまだ勉強の身として、給与支給のない場合もあったそうです。現在は制度が改正され、研修医の労働にも対価として給与が支給されるようになったそうです。そのことから医師は研修医等のスターt?地点からその職業の専門性と労働能力の高さが評価されて、他のサラリーマンよりも高い給与となっています。その後、大学病院の研修医を終えて講師として医局に在籍する場合、年収は700万円クラスになるでしょう。

また小児科など少子化の流れで需要が低下傾向にある診療科目では、医師の相場よりも低い給与となってしまう場合があるようです。産婦人科では、出産件数が減少したとはいえ、昼夜を問わない分娩作業の重労働さや命の誕生に関わる責任の重さに代わりはありません。にもかかわらず平均的な給与もしくは、それより低い給与水準のところも目立ってきています。医師として平均的な給与であったとしても、実際の労働や責任の負担の大きい分野の場合、給与が見合っていないと判断するべきでしょう。

医師とひとくくりに言いがちですが、専門分野毎に業務や責任は異なります。業員の形態や、地域格差によっても業務に差が生じてくるでしょう。ですから、医師の方が職場を探す時または今の職場での給与を改めて見つめ直す時には、多面的に判断しましょう。医師全体の平均収入について、各専門分野の給与平均について、地域格差について、実労働と実際の給与のバランスについて一度みてみましょう。

医師給料アップ求人サイト人気ランキング!口コミNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国
※アルバイトも常勤も共に対応
★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>医師給料アップサイトランキング・2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 医師給料アップランキング All Rights Reserved.